トップページ

Let's mountain climbing!!

登山の質が変わるリュックの選び方

登山の際にいろいろな荷物を詰め込んでおくのに必要なのがリュックです。初心者の方などは、デザインやカラー、ブランド品であるかなど、見た目の格好の良さだけで安易に選びがちですが、どのようなリュックを選ぶかどうかで登山の質が変わってしまうものなので、購入する際には注意を要するアイテムと言えます。背負いやすさが重要な要素の一つであり、自分に合わない、背負いにくいリュックでの登山は苦行以外の何者ではありません。肩がスレたり、重心が安定しない、後に引っ張られたりと、そればかりに気を取られてしまって、山の景観や自然を楽しむ余裕などなくなってしまうものです。また、ハードな山の世界ではちょっとの重さの違いで体力の消耗が違ってきてしまうものを実感するものですから、現在では山に携行するギアは軽量化の傾向にあります。軽くて且つ、飛び出た岩や枝で破れたりしない耐久性が求められますので、そのような人工の素材で作られたモノを選びましょう。そのためには購入する際にいろいろと背負ってみたり、ショップのアドバイザーなどに相談してみるといいでしょう。

登山に必要なリュック

登山をするとき、必ずと言っていいほど身に付けるのがリュックです。リュックは両手がふさがらないし、背負うのでたくさんの荷物を入れても山を登る邪魔になりません。一般的なものと登山用の違いは、丈夫さです。太いウエストベルトやがっちりとした形状と大きいサイズのものが山登りには最適です。ショルダーハーネスは柔らかい素材でできていて、肩への負担が少なくなるようつくられていて背負いやすい形状をしています。ウエストベルトは荷物のブレをなくし、肩だけにかかる荷物の重みを腰にも分散させる役割があり、がっしりと安定感のあるものを選ぶと疲れにくく便利です。背面は背中全体で荷物を支えることができるようになっています。背面がメッシュ状のものは、通気性に優れているので背中が蒸れを軽減してくれます。体に合うサイズのものを選ぶことがとても重要です。水やレインウエアなどの重い荷物を長時間持ち歩くので、機能性の高い耐久性に優れたリュックがたくさんあります。

pickup

最終更新日:2017/3/2